メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最高裁

父親の敗訴見直しか 子供引き渡し請求で審問

 米国在住の父親が、息子(13)を連れて日本に帰国した母親に息子の引き渡しを求めた人身保護請求の上告審で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は5日、父母双方から意見を聞く審問を開いた。父親の請求を棄却した名古屋高裁金沢支部判決が見直される可能性がある。上告審判決は15日。

 高裁支部判決によると、父母はともに日本人で米国で暮らしていたが夫婦仲が悪化し、母親が2016年に息子を連れて帰国した。父親は国境を越えた子どもの連れ去りに関する国際ルールを定めたハーグ条約に基づき、東京家裁に息子の返還を申し…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです