メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最高裁

父親の敗訴見直しか 子供引き渡し請求で審問

 米国在住の父親が、息子(13)を連れて日本に帰国した母親に息子の引き渡しを求めた人身保護請求の上告審で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は5日、父母双方から意見を聞く審問を開いた。父親の請求を棄却した名古屋高裁金沢支部判決が見直される可能性がある。上告審判決は15日。

 高裁支部判決によると、父母はともに日本人で米国で暮らしていたが夫婦仲が悪化し、母親が2016年に息子を連れて帰国した。父親は国境を越えた子どもの連れ去りに関する国際ルールを定めたハーグ条約に基づき、東京家裁に息子の返還を申し…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感
  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです