メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諫干訴訟

漁協「踊らされた」 和解案、長崎は歓迎

 2010年に国に国営諫早湾干拓事業(長崎県、諫干)の堤防開門を命じた福岡高裁は8年後、「開門しない」和解案を提示した。国営諫早湾干拓事業の開門を巡る訴訟で福岡高裁は5日、国の提案を支持する形で、開門しない代わりに漁業振興基金を設けることが「唯一の解決策」とした。漁業者側は強く反発し、先月26日に再開されたばかりの和解協議は早くも決裂状態となった。

 「納得できない」。福岡高裁確定判決の原告の一人で佐賀県太良町の漁師、平方宣清(のぶきよ)さん(65…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです