メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都知事選 小池氏の再選確実
平昌パラ

距離コース設営進む 各国選手も練習

選手らが練習に臨む中、会場の設営準備をするボランティアら(奥)=アルペンシア・バイアスロンセンターで2018年3月5日、宮武祐希撮影

 【平昌・谷口拓未】平昌冬季パラリンピックは9日の開幕へ向け準備が進んでいる。ノルディックスキー距離とバイアスロンの会場となる当地のアルペンシア・バイアスロンセンターでは5日、スタッフやボランティアがコースやメディアセンターの設営を進め、既に選手村に入村している各国の選手たちが練習した。

 会場では同日から距離の設営作業が始まり…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

  4. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  5. コロナ封じ込めに成功したはずの韓国で感染拡大する理由 自粛解除と防疫、両立の難しさ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです