メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラ

ドーピング検査の回数増へ

 【平昌(ピョンチャン)谷口拓未】国際パラリンピック委員会(IPC)は平昌冬季パラリンピックでのドーピング検査の回数を、前回ソチ大会の490回から600回に増やす方針を示した。組織的なドーピングのあったロシアから一定の条件を満たした選手が中立のパラリンピック選手(NPA)として出場するが、公平性の担…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです