メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

みんなで防災考えよう さいたまで10日キャンドルナイト 被災地の写真展示 /埼玉

備え考えるワークショップも

 東日本大震災から間もなく7年を迎えるのを前に、防災について考えるイベント「さいたまキャンドルナイト」(防災啓発団体「きっかけラボ」など主催、さいたま市など後援)が10日、同市大宮区宮町1の宮一コミュニティホールで開かれる。同団体代表で、さいたま市北区の堀谷貴洋さん(42)らの呼びかけで2015年から始まり、今年で4回目。堀谷さんは震災の約2カ月後、勤め先の工務店の仕事で仮設住宅を建てるため福島県南相馬市を訪れた。

 目の前には「同じ日本なのか」と疑ってしまうような光景が広がっていた。津波で水浸しになった田んぼでは…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです