メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展示

昔のくらし、道具で学ぶ 明治~昭和の164点 高岡 /富山

昔の道具に見入る小学生ら=富山県高岡市古城の市立博物館で、青山郁子撮影

 明治から昭和にかけての日用品を集めた「昔の道具とくらし」展が5月6日まで、高岡市古城の市立博物館で開かれている。草履、わらじ、たらい、洗濯板、火鉢など衣食住や農業などに関連する昔懐かしい計164点を展示。実際の使用写真とともに紹介している。入場無料。月曜休館。

 市民からの寄贈品などで、戦時中、金属の…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  2. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  3. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 市民バス、ミスで1カ月「白バス行為」 秋田・大仙市、有償運送者更新忘れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです