連載

見聞録

奈良県内の観光スポットや史跡、グルメ、イベントなどを記者が訪れて紹介します。

連載一覧

見聞録

想芸館(奈良市) 人工筋肉素材でクラゲ ふわり遊泳 まるで本物 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
人工クラゲの魅力を語る想芸館の奥田エイメイ代表=奈良市佐紀町で、数野智史撮影
人工クラゲの魅力を語る想芸館の奥田エイメイ代表=奈良市佐紀町で、数野智史撮影

 奈良市佐紀町の「想芸館(そうげいかん)」は、人工クラゲが自由気ままに浮遊する水槽のインテリアを制作する珍しい工房だ。代表の奥田エイメイ(本名・英明(ひであき))さん(53)が、大手電気機器メーカーの研究者時代に開発を手掛けた人工筋肉の素材を応用し、感動と安らぎを与えるアクアリウムを世に送り出している。【数野智史】

 水槽内で水流に乗り、いくつもの空に浮かんだ気球のようにふわふわと漂う人工クラゲ。傘全体が生き生きと膨らむと、一本一本細かく再現された触手もひらひらと動き、「人工」と聞かされていなければ本物と見分けがつかないほどだ。

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1168文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集