メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見聞録

想芸館(奈良市) 人工筋肉素材でクラゲ ふわり遊泳 まるで本物 /奈良

人工クラゲの魅力を語る想芸館の奥田エイメイ代表=奈良市佐紀町で、数野智史撮影

 奈良市佐紀町の「想芸館(そうげいかん)」は、人工クラゲが自由気ままに浮遊する水槽のインテリアを制作する珍しい工房だ。代表の奥田エイメイ(本名・英明(ひであき))さん(53)が、大手電気機器メーカーの研究者時代に開発を手掛けた人工筋肉の素材を応用し、感動と安らぎを与えるアクアリウムを世に送り出している。【数野智史】

 水槽内で水流に乗り、いくつもの空に浮かんだ気球のようにふわふわと漂う人工クラゲ。傘全体が生き生きと膨らむと、一本一本細かく再現された触手もひらひらと動き、「人工」と聞かされていなければ本物と見分けがつかないほどだ。

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです