高校入試

県立高、全日制に3422人 初の定員割れ 14日合格発表 /鳥取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
試験開始を待つ受験生ら=鳥取市立川町5の鳥取東高で、阿部絢美撮影
試験開始を待つ受験生ら=鳥取市立川町5の鳥取東高で、阿部絢美撮影

 2018年度県立高校一般入試の学力検査が6日あり、全日制は推薦入学確約者を除く実質募集定員3518人に対し、3422人が受験した。競争率は0・97倍(前年度1・00倍)となり、記録が残る1978年度以降で初めて1倍を下回った。

 県教委によると欠席者は108人(前年度80人)で、このうち83人は米子高専の合格者だった。インフルエンザなどのため21人が別室で受験したが、トラブルはなかったという。定時制は217人の実質募集定員に対し、91人が受験した。

 7日には面接と実技試験があり、合格者は14日正午に各校で発表。再募集する学校は16日に決まり、22日に試験を実施する。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文679文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集