特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

選手紹介/17 明徳義塾・山田圭祐投手/高知・公文幸汰選手 /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
明徳義塾の山田圭祐投手=高知県須崎市の同校グラウンドで、松原由佳撮影 拡大
明徳義塾の山田圭祐投手=高知県須崎市の同校グラウンドで、松原由佳撮影

 <センバツ2018>

この冬頭角現す 明徳義塾・山田圭祐投手(1年)

 今冬、頭角を現してきた期待の右腕だ。今までメンバー入りをしたことはないが、冬に下半身トレーニングや体幹トレーニングに注力したことで、ストライクがより入るようになった。「コントロールが付いたことが良かった」と笑顔を見せる。

 自分自身を言葉でたとえるならば「無我夢中」。「投げているときはあまり周りが見えていない時がある」と話す一方で、「集中することで三振が取れる確率は上がります」。紅白戦など実戦形式の練習で経験を積んできた。「センバツの優勝旗を取りたい」と意気込む。

 大阪市立加美中出身。180センチ、72キロ。

肩と長打力魅力 高知・公文幸汰選手(1年)

高知の公文幸汰選手=高知市尾立の同校グラウンドで、岩間理紀撮影 拡大
高知の公文幸汰選手=高知市尾立の同校グラウンドで、岩間理紀撮影

 肩と長打力が売りの成長を続ける1年生外野手。「送球もだいぶ安定はしてきましたが、まだまだ」と更なる飛躍を目指してノックに食らいつく。

 大切にするのは「感謝」の心。家族とともに自身の基礎を築いてくれた小中の監督に「甲子園で見てもらいたい。たくさんの人に自分の実力が分かってほしい」と述べる。「負ける気は一切ない。勝つ気で、全力でいきます」と、望むのは全国屈指の強豪との真っ向勝負だ。

 「悔いのない、積極的なプレーがしたいです」

 高知中出身。170センチ、75キロ。

次に読みたい

あわせて読みたい