メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸製鋼所

データ改ざん 社長ら辞任 688社に出荷 調査報告書

 神戸製鋼所は6日、アルミ製品などのデータ改ざん問題の責任を取って、川崎博也会長兼社長(63)と、アルミ・銅事業部門長の金子明副社長(63)が4月1日付で引責辞任すると発表した。また、不正があった製品の出荷先が新たに163社判明し、延べ688社に増えたことを明らかにした。

 川崎社長は6日、記者会見を開き、「お客様など多くの皆様にご迷惑をおかけした責任は重く、(辞任は)免れない」と語った。川崎氏と金子氏は6月の株主総会で取締役も退任予定。後任の社長は近く取締役会を開き、決定するとしている。

 神戸製鋼が同日、外部の調査委員会の調査結果を踏まえて公表した報告書によると、試験データが顧客の求め…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  4. 転落死 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです