IR実施法案

施行10年後に見直し 政府・与党方針、付則で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府・与党は今国会に提出予定のカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案について、法施行から10年後をめどに内容を再検討する「見直し条項」を付則に盛り込む方針を固めた。実際の運営状況を見ながら設置数を増やしたり、規制を強化したりするため。政府は4月中の法案提出を目指す。

 自民、公明両党間には、認定区域数の上限や入場料などを…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集