メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国・バチカン

「認識一致」 政府系組織幹部、関係改善に自信

 【北京・河津啓介】中国政府公認のキリスト教カトリック司教組織「中国天主教司教団」の方建平副主席が5日、1951年に断交した中国とカトリック総本山バチカン(ローマ法王庁)の関係改善の動きについて「一定の共通認識に至っており、間もなく合意文書に署名できるはずだ」と前向きな見方を示した。政府系組織の幹部が国外メディアの取材に答えるのは異例。

 司教団は、同じく政府公認の教会組織「中国天主教愛国会」と共に、中国当局の指導を受けた独自のカトリック活動を支える。方氏は北京で開会中の全国人民代表大会(全人代=国会)に河北省選出の代表(議員)として出席しており、5日に毎日新聞の取材に答えた。複数の欧米メディアが全人代後の3月末以降、長年の対立点だった司教の任命方法について双方が合意すると伝えていた。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  3. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  4. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです