メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸製鋼所

データ改ざん 日本のものづくり 現場任せ、信頼回復遠く

 品質データなどの不正は神戸製鋼所だけでなく、三菱マテリアルや東レ、宇部興産の子会社などで相次いで発覚している。不正の背景には、現場任せの経営姿勢や閉鎖的な組織体質など、いくつもの共通点がみられる。【竹地広憲、安藤大介】

 神戸製鋼の調査報告書は、「仕様を逸脱しても安全性に問題がなければ出荷しても構わない」という誤った意識が不正につながったと指摘した。三菱マテリアルの特別調査委員会が今年2月に指摘した「自分たちは製品の機能や安全性に及ぼす影響について、顧客の判断を得るまでもなく判断することができる」とする「おごり」に通ずる…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです