メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸製鋼所

データ改ざん 日本のものづくり 現場任せ、信頼回復遠く

 品質データなどの不正は神戸製鋼所だけでなく、三菱マテリアルや東レ、宇部興産の子会社などで相次いで発覚している。不正の背景には、現場任せの経営姿勢や閉鎖的な組織体質など、いくつもの共通点がみられる。【竹地広憲、安藤大介】

 神戸製鋼の調査報告書は、「仕様を逸脱しても安全性に問題がなければ出荷しても構わない」という誤った意識が不正につながったと指摘した。三菱マテリアルの特別調査委員会が今年2月に指摘した「自分たちは製品の機能や安全性に及ぼす影響について、顧客の判断を得るまでもなく判断することができる」とする「おごり」に通ずる…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
  2. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
  3. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  4. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円
  5. マレーシア機撃墜 親露派地域から発射 中間報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]