メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸製鋼所

データ改ざん 日本のものづくり 現場任せ、信頼回復遠く

 品質データなどの不正は神戸製鋼所だけでなく、三菱マテリアルや東レ、宇部興産の子会社などで相次いで発覚している。不正の背景には、現場任せの経営姿勢や閉鎖的な組織体質など、いくつもの共通点がみられる。【竹地広憲、安藤大介】

 神戸製鋼の調査報告書は、「仕様を逸脱しても安全性に問題がなければ出荷しても構わない」という誤った意識が不正につながったと指摘した。三菱マテリアルの特別調査委員会が今年2月に指摘した「自分たちは製品の機能や安全性に及ぼす影響について、顧客の判断を得るまでもなく判断することができる」とする「おごり」に通ずる…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです