メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

デジタル関連企業の栄枯盛衰=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 今から30年前、時価総額世界トップの、すなわち世界一企業価値の高い企業は、日本のNTTであった。30年後の今は、米国企業のアップルが1位、グーグルが2位である。

 このためか、内外の経済論評はアップルやグーグルの経営を賛美する一方で、日本企業の歯がゆさに言及することが多い。しかし30年前、当の企業経営者たちは数字の割には冷静で、決して有頂天ではなかったと思われるし、また、今賛美されている経営者たちもそうであるに違いない。

 振り返ってみると、30年前の世界はいわば「ITブーム」の中、各企業は競ってIT投資を増やし、生産性を上げようと懸命であった。NTTはその情報通信産業の世界的な中心にいたから、極めて高い収益が期待されたのである。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです