メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

デジタル関連企業の栄枯盛衰=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 今から30年前、時価総額世界トップの、すなわち世界一企業価値の高い企業は、日本のNTTであった。30年後の今は、米国企業のアップルが1位、グーグルが2位である。

 このためか、内外の経済論評はアップルやグーグルの経営を賛美する一方で、日本企業の歯がゆさに言及することが多い。しかし30年前、当の企業経営者たちは数字の割には冷静で、決して有頂天ではなかったと思われるし、また、今賛美されている経営者たちもそうであるに違いない。

 振り返ってみると、30年前の世界はいわば「ITブーム」の中、各企業は競ってIT投資を増やし、生産性…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文711文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  2. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです