メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

福島第1原発事故 廃炉、遠い道のり 前原子力規制委員長・田中俊一氏、飯舘村長泥地区長・鴫原良友氏に聞く

田中俊一氏

 帰還困難区域の除染と復興をどう進めるべきか。原子力規制委員長を退任後、昨年12月から福島県飯舘村に住宅を借り、帰還困難区域の同村長泥地区の復興支援にあたっている田中俊一氏(73)と、同地区の鴫原(しぎはら)良友区長(67)に聞いた。

地域維持の仕組みを 飯舘村居住 前原子力規制委員長・田中俊一氏

 帰還困難区域も今は、年間追加被ばく線量が避難指示解除可能な20ミリシーベルトを下回る地域がほとんどだ。放射線量からすれば本来は除染しなくてもよいが、帰還困難区域の住民としてみれば、「何もしないで帰すのか」という不安な気持ちもある。だから、人が住む場所については一定程度の除染はやむを得ないと思う。しかし、それ以外の場所は、やる必要はなく、その費用は、帰還後のサポートに回すほうがいい。

 今よりも、避難指示解除後の課題のほうが大きい。解除しても戻る人は少なく、高齢者が中心になるだろう。…

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文1035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです