特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 行方尚史八段-佐藤康光九段 第47局の2

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

飛車包囲網

 行方は本局を負けたら即陥落。勝っても隣の部屋で対局している深浦に勝たれると陥落が決まってしまうと、前譜で触れた。実は行方と同じ2勝6敗の屋敷も状況は一緒で、その屋敷は行方と同じ特別対局室のすぐ隣で羽生と対戦している。それぞれの思惑が複雑に交錯する、最終局前独特の重苦しい雰囲気だ。

 「誘いのスキ」(佐藤)で[先]2四歩の飛車先交換が実現し、[先]3四飛と横歩を取って、図は先手が1歩得のうえに後手は角を手放している状況だ。先手の飛車が狭いことが佐藤の主張だが、それを直接とがめるとなるとむずかしい。

 図から[後]6四銀[先]3七桂についで(1)[後]4四角なら「[先]4五角が狙いでした」と行方。以下[後]3三銀[先]4四飛[後]同銀[先]6三角成は先手が指せる。他に(2)[後]2三銀[先]3五飛[後]2四銀や(3)[後]2三金も局後検討されたが、後手にとって芳しい変化は発見されなかった。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文726文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集