メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

星出彰彦宇宙飛行士

縁の下の力持ち目指す 20年ISS船長が抱負

テレビ電話を通じて記者会見する星出彰彦宇宙飛行士=東京都千代田区の宇宙航空研究開発機構東京事務所で、2018年3月6日午前11時14分、酒造唯撮影

 2020年に日本人2人目の国際宇宙ステーション(ISS)船長を務めることが決まった宇宙飛行士の星出彰彦さん(49)が6日、訓練拠点の米国から中継をつないで記者会見した。星出さんは「目立たない、縁の下の力持ちのようなリーダーを目指したい」と抱負を述べた。

 星出さんは、宇宙飛行士の地上での極限環境での訓練で隊長を務めた経験がある。「私は強烈なカリスマ性で引っ張るのでなく、場を作るタイプ」と自己分析し、「笑顔を絶やさず、チームの力を発揮できるようにしたい」と語っ…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 一斉休校はやりすぎ? 感染拡大抑制に不可欠? 専門家の見方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです