メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

SDGs 教育現場で理解深める 問題意識の共有、連帯が大事 森本英香・環境事務次官

森本英香・環境省事務次官

SDGs(エスディージーズ)

 持続可能な社会を維持する上で、子供への教育に期待する意見は根強いが、有効な手段は見いだせていない。SDGsが環境教育に与える影響について、環境省の森本英香事務次官に聞いた。【聞き手・五十嵐和大】

 日本の環境問題は、戦後の激しい公害や自然破壊から始まった。しかし今は、私たちの生活そのものが環境を悪化させて深刻な問題を引き起こしていると言える。

 例えば地球温暖化。「二酸化炭素(CO2)を減らす」といっても、これまで通りの生活を営むとすると、C…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです