メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/213 第6章 21=高村薫 多田和博・挿画監修

 今年は秋の進み具合が早い。十月十六日月曜日の午後、武蔵野は四日続きの雨で木々も家々も色落ちしたようにくすみ、ときおり高くなる雨音と、十二分間隔の西武多摩川線の電車の音のほかには聞こえるものもない。外大生たちの流れが一段落した多磨駅も、改札前の路地では通る人も絶え、雑居ビルの果物屋のビニールテントを雨が叩(たた)き続ける。

 駅のホームには今日も、午前九時過ぎから勤務についた小野の姿がある。昨日は原宿の東郷記念館で一世一代…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文941文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです