メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ブックウオッチング

『やさい畑』 柴野豊・編集長

「部数を増やして1年でも長く雑誌作りに携わっていきたい」と話す柴野豊さん=木村滋撮影

 (家の光協会・隔月3日発行、905円)

実験と工夫で楽しく栽培

 隔月刊の家庭菜園雑誌「やさい畑」。JAグループの家の光協会が、農家向けではなく、家庭用に野菜を作る人に向けて発行している。「雑誌ですから、できるだけ目新しいアイデアや企画をと、いつも考えています」と柴野豊編集長は話した。【井上志津】

 創刊は2002年3月。「当時は家庭菜園をテーマにした雑誌はまだなかったので、農業系出版社の強みを生かして創刊したようです」と柴野さん。とはいえ、主なターゲットは趣味で家庭用に野菜を作る人たちで農家ではないため、「新たな層を少しずつ開拓していきました」。当初は季刊だったが、売り上げ好調で09年から隔月刊になった。

 現在の特色はリアルなイラスト解説と栽培実験。前は基本的な栽培方法を中心に紹介していたが、「今は競合…

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1163文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. 「ようこそ」韓国語で歓迎 北海道が観光需要回復に躍起

  4. 磯部温泉 安中市、「恋人の聖地」に 「結び処」を設置、カップル呼び込め /群馬

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです