南北首脳会談

歓迎と不安交錯 拉致家族「解決へ追い風」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 核を巡って緊張状態が続く朝鮮半島情勢が動き出した。4月末の首脳会談開催で合意した韓国と北朝鮮。南北関係は今後、どのように進展するのか。在日コリアンたちや北朝鮮による拉致被害者の家族には6日、歓迎と不安の声が交錯した。

 「神戸コリア教育文化センター」の金信〓(キムシニョン)代表理事(65)は「南北分断70年になる年に平和を話し合う場ができることをうれしく思う」と喜ぶ。東京都新宿区大久保で韓国料理店を営む権美名(クォンミナ)さ…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

あわせて読みたい

注目の特集