メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日を探して

東日本大震災7年/1 潮の安らぎ、祈る海女 三陸から長崎・壱岐、宿の絆

 福岡市の博多港から高速船で70分。玄界灘に浮かぶ長崎県の壱岐島が近づいてきた。空の色も海鳴りの音も潮風の香りも、厳しさと穏やかさが同居する海で生きる人特有の表情も、1200キロ離れた故郷と同じだ--。2013年5月、岩手県陸前高田市で漁師の娘として育った大川香菜さん(33)は、船と岸壁をつなぐ桟橋を渡りながら、初めて見る光景なのに懐かしさを覚えた。(16、17面に特集)

 東日本大震災が起きた直後、働いていた東京のアパレル企業を辞めた。幼い頃から海が身近にあり、島に渡っ…

この記事は有料記事です。

残り1241文字(全文1478文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです