自民改憲本部

緊急事態条項を協議 権利制限明記で一致

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党憲法改正推進本部は7日午前、党本部で役員会を開き、大規模災害などに対応する緊急事態条項の条文案について協議した。国会議員の任期延長に加え、政府への権限集中や国民の権利を制限する規定を設けることで一致。同日夕の全体会合で、本部長一任を取り付ける方針だ。

 細田博之本部長は役員会の冒頭で「緊急事態の規定が存在する国は多いが、日本国憲法にはない。議論が重要だ」と強調した。執…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

あわせて読みたい

注目の特集