南北会談合意

中国、関係国対話にも期待 ムード醸成へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【北京・浦松丈二】韓国と北朝鮮が4月末の首脳会談実施で合意したことについて、中国外務省の耿爽(こう・そう)副報道局長は6日夜、「歓迎する。引き続き南北双方が和解と協力のプロセスを推進するよう望む」との談話を発表した。南北関係の改善を受け、米朝を含む関係国の対話促進にも期待を表明した。

 談話は「中国は一貫して南北関係の改善、関係各国の安全保障問題の対話解決、朝鮮半島の非核化プロセスの推進を支持している。これは朝鮮半島全体と関係各国の共同利益だ」と指摘した。

 また「関係各国はこの機会を捉えて、互いに歩み寄り、朝鮮半島非核化・政治解決プロセスの推進のために共に努力してほしい。中国も引き続き努力していく」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文607文字)

あわせて読みたい

ニュース特集