名古屋市

敬老パス利用に「上限」検討 不正使用懸念

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
名古屋市営バス=稲垣衆史撮影
名古屋市営バス=稲垣衆史撮影

 名古屋市は6日、65歳以上の市民が市営地下鉄や市バスを無料で利用できる「敬老パス」(交付時に負担金が必要)について、利用額などに上限を設けることを検討すると表明した。敬老パスを巡っては、1日平均13回使用する例があるなど本人以外による不正使用の可能性が指摘されていた。

 6日の市議会本会議で、中里高之市議(自民)の質問に市側が答弁した。上限設定には改札機のシステム改修などが必要となる。市は改修コス…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集