自民党

改憲で章設ける 18年運動方針

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党は6日の総務会で、2018年運動方針案を了承した。安倍晋三首相(党総裁)が宿願とする憲法改正に関する章を新たに設け、「憲法改正案を示し、改正実現を目指す」と明記した。25日の党大会で採択する。

 今回は前文で「国のかたち、理想を語るのは憲法であることに眼目をおきながら、我々は政党の枠を超え、先頭に立って国民との議論を深めていく」と記し、前文に次ぐ章で、自民党が検…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

あわせて読みたい

注目の特集