メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

反体制派支配地域・東グータ地区に医薬品など到着

 【カイロ篠田航一、ダマスカスでフアード・アリ(シリア通信員)】シリアの首都ダマスカス近郊の反体制派支配地域・東グータ地区に5日、国連や赤十字・赤新月社などの支援車両46台が到着し、一部が医薬品や食糧を搬入した。アサド政権が長期間にわたり包囲を続ける同地区に支援車両が入るのは、戦闘が激化した2月18日以降初めて。

 支援物資の搬入が今後、順調に進むかは予断を許さない状況だ。東グータ地区では2月27日からロシアの提案で1日5時間(午前9時~午後2時)の時限停戦が始まっている。しかし、シリアのアサド大統領は3月4日、国営テレビで「テロリストとの戦いを続ける」と明言。30日間の全面的停戦を求める国連安全保障理事会の2月24日の決議にもかかわらず、空爆や砲撃、地上軍の投入を含む激しい戦闘が継続している。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 馬場ふみか、新型コロナウイルス感染 自宅で療養し経過観察

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです