メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

実態調査求める声相次ぐ 議連発足

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの強制的な不妊手術が行われていた問題を考える超党派の議員連盟が6日、国会内で設立総会を開いた。与野党から20人以上の議員が参加し、会長に自民党の尾辻秀久元厚生労働相、事務局長に社民党の福島瑞穂・副党首が就任。被害救済に向け、参加者からは厚労省が難色を示している詳細な実態調査を求める声が相次いだ。

 同法が母体保護法に改められた後、国連機関や日本弁護士連合会は強制手術が人権侵害に当たるとして調査や補償を求めてきたが、政府は「合法だった」として20年以上対応してこなかった。厚労省は手術を受けた人の氏名や手術理由も把握していない。

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. トランプ米大統領、地下に一時避難 抗議デモ激化受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです