JR東日本

首都圏全駅にホームドア 32年度末までに

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
JR東日本が導入を進める新型ホームドア。ドア部分にアルミ製のフレームが用いられている=東京都町田市のJR町田駅で(JR東日本提供)
JR東日本が導入を進める新型ホームドア。ドア部分にアルミ製のフレームが用いられている=東京都町田市のJR町田駅で(JR東日本提供)

 JR東日本の冨田哲郎社長は6日の定例記者会見で、2032年度末までに首都圏の主要24路線の全243駅でホームドアを整備すると発表した。このうち55駅については既に設置したり、20年の東京五輪・パラリンピック開催前後に整備する方針を示したりしており、新たに188駅で整備されることになる。

 JR東によると、新たな整備対象となるのは、東京駅から半径約50キロ圏内の中央・総武、常磐、宇都宮・高崎各線などの駅。1日当たりの乗降客数が…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

あわせて読みたい

ニュース特集