空自ヘリ

扉落下、けが人なし 沖永良部島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 6日午後6時50分ごろ、航空自衛隊沖永良部(おきのえらぶ)島分屯基地(鹿児島県知名町)の近くで、上空を飛行していた空自那覇基地所属の大型輸送ヘリコプターCH47から後部扉(縦約160センチ、横約240センチ、厚さ約4センチ、重さ約31キロ)が落下した。落ちたのは基地南東の森とみられ、けが人は確認されていない。空自が詳しい原因を調べている。

 空自によると、ヘリは訓練飛行中で乗員は4人。分屯基地のヘリポートに着陸する直前だった。扉は貨物室への出入り用として機体後部に取り付けられており、乗員らが落下するのを確認した。ヘリはその後、分屯基地に着陸した。周辺に住宅はなく、基地の隊員が落ちた扉を捜索しているという。

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文454文字)

あわせて読みたい

ニュース特集