特集

センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から31日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

選抜高校野球

人文字でナインにエール 中央学院

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
センバツ人文字を作る中央学院高校の生徒=千葉県我孫子市で2018年3月6日午後3時7分、本社ヘリから宮本明登撮影 拡大
センバツ人文字を作る中央学院高校の生徒=千葉県我孫子市で2018年3月6日午後3時7分、本社ヘリから宮本明登撮影

 23日開幕の第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社など主催)に出場する中央学院のグラウンド(千葉県我孫子市)で6日、出場記念の人文字撮影があった。1、2年生約630人が「90 センバツ」の文字とC・Gを組み合わせた野球部のロゴを浮かび上がらせ、ナインにエールを送った。

 ロゴは縦23.8メートル、横21メートルの範囲に椅子を並べ、紺色のブレザーと水色のシャツを着た約600人が形作った。「90」はチアリーディング、吹奏楽両部の生徒らがユニホームカラーの青と黄色の画用紙を掲げて描いた。一方、「センバツ」は2年連続で「書道パフォーマンス甲子園」に出場している書道部員20人が1枚7メートル四方の紙に2時間半かけて力強く書き上げた。部長の関本媛心(こころ)さん(2年)は「風にあおられて大変でした。選手たちには持てる力を発揮して勝ち進んでほしい」。

 午後3時過ぎ。毎日新聞社のヘリコプターがグラウンド上を旋回しながら人文字を撮影し、直後に記念ボールと丸山昌宏社長のメッセージが投下された。メッセージは千代崎聖史千葉支局長が代読。「プレッシャーをはねのけ、新たな感動を与えてくれることを期待します」と激励した。

 生徒会長の肥田歩望楓(ほのか)さん(2年)は「野球部、先生、生徒が一体となって優勝をつかみとりましょう」と呼びかけ、メッセージをキャッチした中野大晟選手(1年)が「野球部一同頑張りますので応援よろしくお願いします」と活躍を誓った。【橋本利昭】

【センバツ高校野球】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい