メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 人は国境線をどこに引くのか。どうも国と国の境目ばかりではないらしい。海をはさんで接する日本と中国。その境目について異なるアプローチから考えさせられる2作品が印象に残った。

 こまつ座&世田谷パブリックシアター「シャンハイムーン」(11日まで上演中、世田谷パブリックシアター、井上ひさし作・栗山民也演出)は中国近代文学を代表する作家魯迅の晩年の約1カ月を描く評伝劇である。舞台は1934年、上海の日本租界にある内山書店。蒋介石率いる国民党の弾圧から逃げようとする魯迅(野村萬斎)と第2夫人広平(広末涼子)を守る、日本人の内山夫妻(辻萬長、鷲尾真知子)や医者、歯医者との交流が…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文717文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです