メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

サッカー 「コバルトーレ女川」JFL昇格 開幕戦は3月11日 地元支援で再起「元気を発信」

雪が降り積もる中、11日の開幕戦に向けて練習するコバルトーレ女川の選手たち=宮城県女川町で

 東日本大震災から7年の11日に開幕するサッカーの日本フットボールリーグ(JFL)に、震災で800人を超える住民らが犠牲となった宮城県女川町を本拠地とする「コバルトーレ女川」が初めて参戦する。アマチュアのJFLからJリーグ加盟を目指し、忘れられないあの日に第一歩を踏み出す選手たちは「女川の元気を全国に発信する」と闘志を燃やしている。【竹田直人】

 平日の午後6時半。仕事を終えた選手たちが女川町総合運動公園に集まってきた。町内の水産加工会社などで…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文915文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]