メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

サッカー 「コバルトーレ女川」JFL昇格 開幕戦は3月11日 地元支援で再起「元気を発信」

雪が降り積もる中、11日の開幕戦に向けて練習するコバルトーレ女川の選手たち=宮城県女川町で

 東日本大震災から7年の11日に開幕するサッカーの日本フットボールリーグ(JFL)に、震災で800人を超える住民らが犠牲となった宮城県女川町を本拠地とする「コバルトーレ女川」が初めて参戦する。アマチュアのJFLからJリーグ加盟を目指し、忘れられないあの日に第一歩を踏み出す選手たちは「女川の元気を全国に発信する」と闘志を燃やしている。【竹田直人】

 平日の午後6時半。仕事を終えた選手たちが女川町総合運動公園に集まってきた。町内の水産加工会社などで…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文915文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです