メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビタミンD

がんリスク減 がんセンター発表

 ビタミンDが十分に取れている人は、不足気味な人に比べ、がんになるリスクが2割程度低くなるとの研究結果を国立がん研究センターの研究グループがまとめ、8日付の英医学誌「BMJ」電子版に発表した。ビタミンDとがんとの関係を調べた研究では最も規模が大きいという。

 採血に協力した全国の40~69歳の男女を2009年までの平均16年間追跡。がん…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地震 大阪府北部で震度6弱
  2. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  3. 大阪震度6弱 エレベーターの閉じ込め相次ぐ
  4. 大阪震度6弱 心肺停止2人に 大阪市でも81歳男性
  5. 大阪震度6弱 大飯・高浜原発、もんじゅなど「異常なし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]