メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄り添う

若年認知症の妻と/3 共倒れ防止 家族会と支援の輪 /群馬

家族会で、宮永和夫医師(左)、若年性認知症支援コーディネーターの平方仁美さん(中央)と話す大沢さん(右)=前橋市野中町の県こころの健康センターで

 おそらく、県内の若年認知症の実態が初めて明らかになったのは2006年3月だろう。県議会の一般質問で、県側が推計505人という数字を公表した。

 質問したのは当時、桐生市区の県議だった大沢幸一さん(74)だった。「実は」と大沢さんは議場で切り出した。「私の妻はアルツハイマー病でございまして……」「まさに57歳でございますから進行がはようございます……」

 続けて県の若年認知症対策について尋ねた後、最後にこう宣言して締めくくった。「我が家が容易ならざる事…

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです