メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

OSAKAおお!

後継ぎ、経営資源どう生かす 家業の可能性探る /大阪

家業を生かした新規事業のアイデアを話し合う「アトツギソン」の参加者ら=大阪市北区で、金志尚撮影

 家業の後継ぎを集めたビジネスコンテストが先月、大阪市内であった。新しく始める起業と違い、既存の経営資源が基盤の家業はいかに「守る」かという議論になりがちだ。大胆な業態転換や新市場への参入といった攻めの姿勢への転換を目指し、全国から参加した約40人が家業の可能性に目を向けた。【金志尚】

 「工具をネット上でシェア(共有)するサービスを提案したい」

 大阪市北区の「大阪イノベーションハブ」(OIH)で先月あったコンテストの発表会。家業がいずれも金属加工業という男性3人のチームが新規事業のアイデアを披露した。中小の製造現場では必要な時に必要な工具が手元にない場合があるといい、課題を解消する事業内容に高い評価が集まった。

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. サッカーキング リュディガー、トッテナムファンの反応に失望「人種差別が勝利した」

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 日本酒の化粧水、女子高生コラボ 菊正宗、共同でデザイン /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです