メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わが町にも歴史あり・知られざる大阪

/488 続々・坐摩神社 /大阪

陶器神社の天井には皿が飾られている=大阪市中央区久太郎町4で、松井宏員撮影

 ◆大阪市中央区

 せともの祭(7月21~23日)と毎月の神事がある1、15、23日しか扉が開かない陶器神社(中央区久太郎町4)を見せていただいた。

 灯籠(とうろう)ばかりか、お社の正面に掲げてある由緒書も陶器のお皿。有田焼だそうだ。中に入ると、格子状に区切られた格(ごう)天井には18枚の皿がはめこまれている。古九谷や古伊万里などなど、私に見る目はないが、どれも品格がある、ように見える。作家もそれぞれ異なり、調べてみると人間国宝をはじめ、名だたる陶芸家ばかり。壁や欄間にも陶磁器が使われており、壁には昔のせともの問屋街が描かれてもいる。

 1971年に今のお社が再建された折、問屋街や陶芸家たちが労を惜しまなかった様がしのばれる。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. 中学生の胸を触った疑い ジャンプ連載「アクタージュ」自称原作者を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです