特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法を問う

障害者ら不妊手術強制 県内23人、相談窓口設置 県議会で報告、知事「誠に遺憾」 /鳥取

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されていた問題について県は7日、資料などに基づいた調査状況を明らかにした。県内では、術後に「県優生保護審査会」への手続きをした人を含め計23人が手術を受けたと推定されると報告。同日には、当事者や家族の相談に応じる窓口を県福祉保健課内に設置した。庁内ワーキンググループも設立し、資料収集や情報共有を急ぐ考えだ。

 開会中の県議会2月定例会で、長谷川稔議員(無所属)の一般質問に答える形で平井伸治知事が明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文754文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集