メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

母子サポート

「産後ケア やわらかい風」夜泣き保険で不安解消 電話一本すぐ対応 鳥取 /鳥取

「赤ちゃん夜泣き保険 すやりんこ」をPRする川口映子さん=鳥取市西品治の「産後ケア やわらかい風」で、小野まなみ撮影

 鳥取市西品治の母子サポート施設「産後ケア やわらかい風」が先月から、赤ちゃんが夜泣きをしたときに親子で駆け込める「赤ちゃん夜泣き保険 すやりんこ」を始めた。施設の代表を務める川口映子さん(54)は「必要な時にいつでも気軽に利用してほしい」と呼びかけている。【小野まなみ】

 「夜泣きがきつくて、夜が来るのが怖い」。サービスを始めようと思ったのは、0歳児を抱えて施設を利用する母親のそんな一言がきっかけだった。「今晩も泣いたらここに来て良いよ」。川口さんが思わずそう声をかけると、その晩は不思議と赤ちゃんが夜泣きをしなかった。母親の不安を取り除けたことが、子どもの安心にもつながったのではないかと考えた。

 鳥取市は乳児の一時預かりサービスを実施しているが、4カ月未満に年齢を制限していたり、利用時間も短く…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文784文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. 風知草 身もフタもない=山田孝男
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]