メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波踊り

PTが始動 新たに実行委組織、徳島市に事務局 /徳島

阿波踊りの運営体制を検討するプロジェクトチームを設置し、あいさつする岡田元成徳島市経済部長=徳島市役所で、蒲原明佳撮影

 徳島市は7日、阿波踊り事業の新しい運営の仕方を検討するプロジェクトチーム(PT)を設置した。初会合には市役所内の関係部局幹部が出席し、新たに市や経済団体などでつくる実行委員会を組織して事務局を市に置く方針を決めた。委員会内に阿波踊り連や警察などでつくる運営協議会を設けて意見を聞き、祭りを実施していく。

 阿波踊りはこれまで、公益社団法人の市観光協会と徳島新聞社の二者が主催し、長年累積赤字が発生していた。市は債権者として、市観光協会の破産手続き開始を徳島地裁に申し立てており、開始されれば協会は解散することになる。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです