特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

英明再び

選手紹介/5 倉石健斗捕手(2年)/中川文太右翼手(2年) /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
英明の倉石健斗捕手=香川県丸亀市金倉町のレクザムボールパーク丸亀で、潟見雄大撮影 拡大
英明の倉石健斗捕手=香川県丸亀市金倉町のレクザムボールパーク丸亀で、潟見雄大撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

機会求め外野手も挑戦 倉石健斗捕手(2年)

 力強い打撃が持ち味だ。出場機会を増やすため、本職の捕手だけでなく、外野手にも挑戦している。

 2年生の中で唯一進学クラスに在籍し、「教室に野球部員がいないので友達ができるか不安だった」と振り返る。絵を描くのが得意といい、クラスの友人の似顔絵を描いてプレゼントしている。

 高松市出身。好きな言葉は「来たときよりも美しく」。きれい好きな性格で、他の選手が散らかした部室の掃除も率先してやる。

 人助けが好きという理由から消防士になるのが夢だ。ただ、気遣いをしすぎるあまり、練習でも他の選手に譲ってしまうことがあるという。「もっと負けん気を出してアピールし、レギュラーを取りたい」と意気込む。

変化球に対応、打撃磨く 中川文太右翼手(2年)

英明の中川文太右翼手=香川県丸亀市金倉町のレクザムボールパーク丸亀で、潟見雄大撮影 拡大
英明の中川文太右翼手=香川県丸亀市金倉町のレクザムボールパーク丸亀で、潟見雄大撮影

 昨秋は主に9番打者だったが、明徳義塾(高知)との四国大会決勝では先制打を放つなど、勝負強い打撃でチームを支えた。

 昨秋に内野手から外野手に転向し、「その分打撃に集中できる」と調子は上向いている。

 自己分析は「調子が良いときと悪いときの波が大きい」。昨秋は調子が悪いまま県大会に入ってしまったと反省する。「素振りを増やせば調子が上がる」との調整方法を見つけた。

 低めの変化球への対応が課題で、冬の間にスイングの修正を図ってきた。「甲子園では勝負どころで一本出せるようにしたい」

 奈良県橿原市出身。中学生の頃はボーリングに熱中し、週2回はプレーしていたという。ベストスコアは200点の腕前だ。

次に読みたい

あわせて読みたい