特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

選手紹介/18止 明徳義塾・松尾航輝捕手/高知・吉門樹喜也選手 /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
明徳義塾の松尾航輝捕手=高知県須崎市の同校グラウンドで、松原由佳撮影 拡大
明徳義塾の松尾航輝捕手=高知県須崎市の同校グラウンドで、松原由佳撮影

 <センバツ2018>

「今」最善尽くす 明徳義塾・松尾航輝(こうき)捕手(2年)

 「ナイスボール!」。ブルペンから投手に明るく伝える。大声を出すのは「ベンチを盛り上げたい」からだ。

 野球を始めた当初は投手としてプレー。体格が良かったことから、中学で捕手になった。「馬淵(史郎)監督の下で野球がしたい」と明徳義塾に進学した。

 好きな言葉は「未来とは今である」。「今頑張っているからこそ、未来がある」と最善を尽くす。特に今、力を入れているのは、ウエートトレーニングだ。「野球している姿を両親に見てもらいたい」と笑顔を見せる。

 福岡県筑後市立羽犬塚中出身。176センチ、80キロ。

強肩生かし堅守 高知・吉門樹喜也(よしかど・じゅきや)選手(1年)

高知の吉門樹喜也選手=高知市尾立の同校グラウンドで、岩間理紀撮影 拡大
高知の吉門樹喜也選手=高知市尾立の同校グラウンドで、岩間理紀撮影

 強肩と広い守備範囲を武器に、試合を左右する重要な場面で活躍が期待される外野手だ。「求められている守備で、もっと安定性を上げていきたい」と士気を上げる。

 小学校ではソフトボールで投手。チームをけん引する中で精神的に成長し、重い球でプレーする中で自慢の強肩も鍛えられたという。「全力」という言葉を大事にし、「全力で一つ一つのプレーを大切にする」ことを日々の練習でも心がける。

 「甲子園では大事な場面で出て、絶対に球はそらさない。家族へ結果で恩返ししたい」

 高知中出身。167センチ、59キロ。

関連記事

あわせて読みたい