メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

南北会談合意 「時間稼ぎ」警戒 非核化の姿勢、注視

 【ワシントン会川晴之】北朝鮮が核・ミサイル実験の凍結を含め、非核化に向けた米朝交渉に積極姿勢を示したことについて、トランプ米大統領は6日、ホワイトハウスで記者団に「非常に前向きだ」と評価した。しかし表向きの発言とは別に、米情報機関首脳は相次いで北朝鮮の非核化に懐疑的な見方を示している。米政権内では、北朝鮮がこれまで何度も非核化に向けたプロセスで合意を破ってきたことへの警戒心が強い。

 コーツ国家情報長官は6日の上院軍事委員会の公聴会で、「北朝鮮が核放棄に応じることを示す兆候はない」と証言。過去の米朝交渉と同様、北朝鮮が交渉を「時間稼ぎ」に使う可能性があるとの見方を示した。

 国防総省国防情報局(DIA)のアシュレー局長も「北朝鮮に核・ミサイルの開発を停止する意向はない」との分析結果を紹介。さらにホワイトハウス高官も「非核化に向けた動きがあるまでは、政策には変更がない」と述べ、北朝鮮が実質的な行動に踏み切る前の段階で制裁緩和など圧力を弱める措置を取る考えはないと強調した。

この記事は有料記事です。

残り1307文字(全文1747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. ヤフー、最大39万件のID誤登録 氏名、住所、電話番号など別の利用者に

  3. 新型コロナ 新たに65人が感染 所沢の病院で4人死亡 /埼玉

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです