メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

南北会談合意 「時間稼ぎ」警戒 非核化の姿勢、注視

 【ワシントン会川晴之】北朝鮮が核・ミサイル実験の凍結を含め、非核化に向けた米朝交渉に積極姿勢を示したことについて、トランプ米大統領は6日、ホワイトハウスで記者団に「非常に前向きだ」と評価した。しかし表向きの発言とは別に、米情報機関首脳は相次いで北朝鮮の非核化に懐疑的な見方を示している。米政権内では、北朝鮮がこれまで何度も非核化に向けたプロセスで合意を破ってきたことへの警戒心が強い。

この記事は有料記事です。

残り1554文字(全文1747文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです