メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

ハイブリッドな独裁=坂東賢治

 <moku-go>

 中国の説話を題材にした中島敦(あつし)の短編小説「山月記(さんげつき)」。詩人になる望みに破れて人食いトラに変身した男が、山中で科挙合格同期の旧友と出会い、いきさつを語る。

 多くの国語の教科書に採用されてきたから、覚えている方もおられよう。この旧友の肩書が「監察御史(ぎょし)」だった。皇帝直属で地方を巡察し、官吏の不正を暴く役目だ。

 辛亥(しんがい)革命で清朝を倒した孫文は欧米流の立法、行政、司法の三権分立だけでは中国の実情に適さ…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  2. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  3. 少年野球のバス、土手から転落 19人が軽いけが 福岡・うきは市

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです