メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

民主主義の空洞化、掘り下げて=江上能義・早稲田大学名誉教授

 米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を巡って、全国の注目を集めた2月4日の沖縄県名護市長選。現職だった稲嶺進氏を破って、報道で当選確実を伝えられた元市議の渡具知武豊氏の表情がしばらくこわばったままだったことが最も印象的だった。

 移設を推進したい安倍政権と自公の強力な支援を受けて当選したものの、渡具知氏は、辺野古移設の賛成派と反対派の間で市政のかじ取りの難しさをわかっていたからではないか。「移設容認の民意が示されたとは思っていない。私の支持者にも反対の人がいて複雑な民意だ」と彼自身も語っている(毎日新聞2月5日夕刊)。

 直前の名護市での世論調査によれば、移設に反対が66%、賛成は28%。それにもかかわらず、市民が渡具…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文825文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです