メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

民主主義の空洞化、掘り下げて=江上能義・早稲田大学名誉教授

 米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を巡って、全国の注目を集めた2月4日の沖縄県名護市長選。現職だった稲嶺進氏を破って、報道で当選確実を伝えられた元市議の渡具知武豊氏の表情がしばらくこわばったままだったことが最も印象的だった。

 移設を推進したい安倍政権と自公の強力な支援を受けて当選したものの、渡具知氏は、辺野古移設の賛成派と反対派の間で市政のかじ取りの難しさをわかっていたからではないか。「移設容認の民意が示されたとは思っていない。私の支持者にも反対の人がいて複雑な民意だ」と彼自身も語っている(毎日新聞2月5日夕刊)。

 直前の名護市での世論調査によれば、移設に反対が66%、賛成は28%。それにもかかわらず、市民が渡具…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文825文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で
  3. 鮮明な写真公開 タンカー攻撃で 米政府 「イラン関与」を改めて主張
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 日の出待ち、府警40人が山に 急転直下の逮捕劇 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです