特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 行方尚史八段-佐藤康光九段 第47局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

かみ合わない読み

 本局最大の勝負どころを迎えている。それは両者の時間の使い方からも明らかだ。[先]4六角に67分、[先]6五飛に68分、[後]7三桂に68分。ドカンドカンと長考の連続なのだ。

 さて記者が興味深かったのは、これだけ時間を費やしながら両者の読みが微妙にかみ合っていなかったことである。

 まずは[先]4六角。佐藤は「びっくりした。[先]5六歩だと思っていた」と局後ポツリ。以下[後]5四歩[先]6六銀で「悪いと思っていた」と言う。「なるほど、[先]5六歩が格調高かったですね」と行方。

 ところが行方も「こちらは[後]4四歩が意外でした」と苦笑い。行方が予想していたのは角筋をはずす[後]8三飛だったが、佐藤は「読んでいなかった」と驚いた様子。ただし後手がよくなる変化までは見つからなかった。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文725文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集