メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

南北首脳会談合意 ダグラス・パール氏、時殷弘氏の話

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談した韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領特使団は、4月末の南北首脳会談などで合意し、米朝協議への橋渡しを目指している。このまま緊張緩和へ向かうのか。米国、中国の専門家に聞いた。

米は非核化要求せよ 米カーネギー国際平和財団副会長 ダグラス・パール氏

 南北首脳会談に合意した今回の会談では、さまざまな約束が結ばれたようだ。だが、米韓合同軍事演習の扱い、核・弾道ミサイル実験の一時停止問題などの主要な点はまだ明らかになっていない。我々は過去に何度も北朝鮮に失望した経験がある。北朝鮮が行動を示すことが重要だ。

 北朝鮮が今回動いたのは、経済制裁が通奏低音のように響いたこと。(軍事行動を含む)トランプ政権の脅し…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1168文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです