メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新幹線

無料Wi-Fi 五輪見据え JR各社、訪日客対応

 JR各社が、新幹線への無料の公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」の導入を本格化させる。2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え、訪日外国人観光客のニーズに応えるのが狙い。日本人も利用でき、ビジネス客らの利便性向上も期待される。新幹線は訪日客の利用が多い一方、他の交通機関に比べ無料サービスが遅れており、JR各社はサービス向上を急ぐ構えだ。

 JR東日本は5月から、東北、北陸、秋田新幹線で無料の公衆無線LANのサービスを始める。もともと今年夏の導入を予定していたのを前倒しする。約36億円かけて車両を改修し、来年5月までにすべての車両で使えるようにする。これに加えて山形新幹線は19年度中、上越新幹線も20年度までに全車両でサービスを導入する。

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1217文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです