メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

輸入制限 EU、米の象徴を標的 ハーレーなどに関税 貿易戦争に発展か

 【ロンドン三沢耕平、ブリュッセル八田浩輔】トランプ米大統領が「安全保障上の脅威」を理由に鉄鋼製品などの輸入制限を表明したのを受け、欧州連合(EU)が報復措置の準備を急いでいる。ハーレーダビッドソンやリーバイスなど米国を象徴する製品に高関税を検討。7日には改めて報復姿勢を鮮明にし、世界の2大経済圏による「貿易戦争」に発展する可能性が一段と強まってきた。

 「バイクを売ることができなくなってしまうのか」。ロンドン中心部のオートバイショップ。ハーレーを販売…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1119文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  2. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  3. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  4. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  5. トランプ大統領「貿易交渉で大きな進展」 ゴルフ・昼食時に首相と協議か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです