メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

トランプの保護主義と日本=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

 トランプ米国大統領が、安全保障上の観点からとの理由で、鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の関税を課す方針を打ち出した。それに対し、欧州連合(EU)や中国が強く反発して対抗措置を講じる構えを示している。

 そこで思い出されるのが、100年ほど前、世界大恐慌後の米国の関税引き上げである。1929年10月、ウォールストリートの株式大暴落で始まった世界大恐慌の流れの中で、米国のフーバー政権は、国内産業保護の姿勢を強め、翌30年6月に平均関税率を40%も引き上げるスムート・ホーリー関税法を成立させた。それに対して各国が対抗措置をとったことから、世界貿易は大幅に落ち込んだ。3…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. 大阪モデル黄信号 吉村知事「ピンポイントの戦略打つ」 「夜の街」対策を徹底 休校や施設休業は求めず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです