メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

トランプの保護主義と日本=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

 トランプ米国大統領が、安全保障上の観点からとの理由で、鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の関税を課す方針を打ち出した。それに対し、欧州連合(EU)や中国が強く反発して対抗措置を講じる構えを示している。

 そこで思い出されるのが、100年ほど前、世界大恐慌後の米国の関税引き上げである。1929年10月、ウォールストリートの株式大暴落で始まった世界大恐慌の流れの中で、米国のフーバー政権は、国内産業保護の姿勢を強め、翌30年6月に平均関税率を40%も引き上げるスムート・ホーリー関税法を成立させた。それに対して各国が対抗措置をとったことから、世界貿易は大幅に落ち込んだ。3…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです